全国建設工事業国民健康保険組合

全国建設工事業国民健康保険組合

全国建設工事業国民健康保険組合(全国で10万人の被保険者が加入している建設業者のための国民健康保険組合)
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

健康診査補助

被保険者1人につき年度内(4月~3月)に1回、健診費用等を補助しています。支部・出張所をとおして補助の申請をしていただくこととなりますので、詳しくは所属の支部・出張所にお問合せください。

特定健診対象者の受診券到着前受診

対象者 4月1日現在で建設国保に加入している被保険者で翌年3月31日までに40歳~74歳になる方で受診券が到着する前(4月・5月)に特定健診を受診した方
補助内容 1人あたり最大7,000円の実費補助
手続き方法など
  • 申請時に「受診券」を返却してください。
  • 特定健診の検査結果の提出が必要となります。
    健診項目に不足などがある場合には、補助対象外
  • 申請には領収書等の提出が必要となります。
  • 受診券が到着後は受診券を利用していただくため、年度途中で申請が終了となります。

健康診査 40歳以上の年度途中加入者

対象者 建設国保へ年度途中(4月2日以降)に加入した40歳以上の被保険者
補助内容 1人あたり最大で7,000円の実費補助
手続き方法など
  • 年度途中に加入した方には「受診券」は発行されませんので、加入後に「特定健診」を受診された場合に健診費用の一部を補助いたします。
  • 受付時に「特定健診」であることを確認させていただきます。
  • 申請には領収書等の提出が必要となります。

健康診査 39歳以下

対象者 建設国保に加入している39歳以下の被保険者
  • ※学生は除きます
補助内容 1人あたり最大で7,000円の実費補助
手続き方法など
  • 39歳以下の被保険者が「健康診査」を受けた場合に、健診費用の一部を補助いたします。
  • 受付時に「健康診査」であることを確認させていただきます。
    各種部位だけの検診、病気等による検査などは対象外
  • 申請には領収書等の提出が必要となります。

オプション検査

対象者 建設国保に加入している被保険者が、支部(出張所)主催・管理のもとで、「特定健診」・「健康診査」と同時にオプション検査を受けた場合
補助内容 1人あたり最大で4,000円の実費補助
手続き方法など
  • 個人健診の場合は補助対象外
    (対象となる健診については、健診を受診する前に所属の支部・出張所にご確認ください。)
  • 健診と同時に行うオプション検査の項目については、制限はありません。
  • 申請には領収書等の提出が必要となります。

補助申請をするときの注意事項

  • 当該年度実施分以外の補助申請はできません。
  • 申請書に添付する領収書等のコピーを提出してください。記載内容がすべて鮮明に写っている書類の提出をお願いします。
  • 提出書類等に不備があると、補助を受けることができない場合があります。

ページ先頭へ戻る