全国建設工事業国民健康保険組合

全国建設工事業国民健康保険組合

全国建設工事業国民健康保険組合(全国で10万人の被保険者が加入している建設業者のための国民健康保険組合)
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

交通事故にあったとき

交通事故などで、第三者から受けたケガや病気でも、建設国保の保険証を使ってお医者さんにかかれますが、必ず建設国保に届け出てください。
届け出等については、所属の支部・出張所にご連絡ください。

届け出に必要なもの

  • 第三者行為による負傷届★
  • 同意書★
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書★
  • 個人情報取扱同意書★

事故状況等により必要なもの

  • ※6 誓約書★
  • ※7 債務保証書★
  • ※8 任意保険調書★
  • ※9 示談書の写し(示談が成立した時)
  • ※10 人身事故証明書入手不能理由書
    (3.交通事故証明書が物件事故扱いまたは交通事故証明書が入手できないときなど)
  • ※11 診断書の写し
  • ※★印の書類は組合員入口の「交通事故の届出」よりダウンロードできます。

損害保険関係団体との覚書について

下記の契約団体に所属している損害保険会社等の自動車保険(任意保険)に加入しているときは、損害保険会社等が示談代行サービス等の一環として、書類等の作成と、建設国保への提出の代行手続きを行う契約を締結しています。
詳細については、加入している損害保険会社等にご確認ください。

契約団体

  • 一般社団法人 日本損害保険協会
  • 一般社団法人 外国損害保険協会
  • 全国自動車共済協同組合連合会
  • 全国共済農業協同組合連合会
  • 全国トラック交通共済協同組合連合会
  • 全国労働者共済生活協同組合連合会

任意保険における第三者行為の事務対応について

損害保険会社の担当者様

保険会社・共済団体で作成していただく申請書等については、東京都国民健康保険団体連合会のホームページにある用紙を使用してください。

東京都国民健康保険団体連合会

  • ※こちらの用紙は契約保険会社・共済団体のみ使用できます。被保険者からの届け出は「組合員入口」にある建設国保の用紙を使用してください。

示談のときは建設国保に連絡してください

加害者から治療費を受け取ったり、示談が成立してしまうと一般的には被害者も建設国保も示談の内容に従わなければならなくなります。示談の前に必ず建設国保に連絡してください。

ページ先頭へ戻る