全国建設工事業国民健康保険組合

全国建設工事業国民健康保険組合

全国建設工事業国民健康保険組合(全国で10万人の被保険者が加入している建設業者のための国民健康保険組合)
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

仕事中にケガをしたら

交通事故などで、第三者から受けたケガや病気でも、建設国保の保険証を使ってお医者さんにかかれますが、必ず建設国保に届け出てください。
届け出用紙は、所属の支部・出張所に連絡の上取り寄せてください。

労災保険適用事業所の労働者の方・労災保険特別加入制度により任意加入をしている方

建設国保の保険証は使わず、労災保険から給付を受けてください。
労災保険(労働者災害補償保険)は、仕事中にケガをしたり、通勤途中の事故などに対し補償する制度です。もし仕事中にケガなどをしたときは、労災保険から給付を受ける手続きをしてください。病院で診療を受ける場合は、窓口で仕事中のケガであることを申し出てください。

労災保険特別加入制度に任意加入をしていない一人親方や事業主の方

建設国保へ負傷届を提出の上、保険証を使い受診してください。

労災保険の手続きをしていない労災保険適用事業所の労働者の方

建設国保の保険証は使わず、事業主に費用を請求してください。
建設国保の保険証を使用した場合は建設国保が給付した費用を労働者の方に請求いたします。

労災保険に加入しましょう

労災保険(労働者災害補償保険)は政府が管理、運営している強制的な保険で、労働者を1人でも使用している事業主は、労災保険の成立手続きを行うことになっています。

また、事業主が故意または重大な過失により労災保険の成立手続きを行わずにいた期間中に労働災害が生じ労災給付を行った場合は、事業主から遡及して労働保険料を徴収するほかに、労災給付に要した費用の全部又は一部を徴収することとなっています。

一人親方・事業主も特別加入制度により労災保険に任意加入することができます。労災保険については、事業所を管轄する労働基準監督署へお問い合わせください。

ページ先頭へ戻る