建設国保
CONTENTS
プロフィール
保険の手続き
保健事業(健康づくり)
広報活動
指定保養施設MAP
組合員(本部・支部)専用
事務担当者専用
リンク集
全国建設工事国民健康保険組合 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎12-4 TEL.03-5652-7001 FAX.03-5652-7035
 
 
 
健康に投資しよう すこやかな明日に向けて 文字を大きくするには? サイトマップ
トップページ保険の手続き > 療養費の支給(後で払い戻せるもの)
療養費の支給(後で払い戻せるもの)

 急病などで保険証を持たずに、やむを得ず病院・診療所・薬局にかかった場合は、一旦本人が医療費の全額を支払い、あとで建設国保に請求することで払戻しを受けることができます。

1   旅行中の急病等で保険証を持たずに治療を受けたときなどの費用。
2   海外に滞在中、急病等で受診したときの費用。(海外療養費)
診療内容明細書と領収明細書にもとづき、支払った額の全額ではなく、日本の健康保険法等の基準に算定しなおした額の範囲内の支払いとなります。日本の健康保険法等で認められていない診療行為や薬等については対象となりません。
3   医師が認めたコルセットやギプスなど治療用装具代。
4   9歳未満の小児弱視・斜視・先天白内障術後の屈折矯正のための治療用眼鏡等の費用。
5   悪性腫瘍術後の四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等の費用。
5   輸血したときの生血代。
6   骨折や捻挫などで柔道整復師の施術を受けた費用。
7   医師の同意で、はり・きゅう・マッサージなどの施術を受けた費用。
8   移送を必要としたときは、その費用にもとづき、算定した額の範囲で実費。(移送費)
払戻される額は全額ではなく、健康保険の基準で査定し計算された額となります。
療養費の申請の時効は、医療費等を支払った日の翌日から2年となります。
手続き・問合せ先・提出先はこちら >>
提出書類はこちら >>
  イラスト

イラスト


ページの先頭へ

 
COPYRIGHT(C) 2004 全国建設工事業国民健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.